• ホーム
  • ヘルペスの感染力を侮るな!こんなことでも感染します!

ヘルペスの感染力を侮るな!こんなことでも感染します!

2019年12月25日
悩んでいる男性

単純ヘルペスウイルスに感染することが原因で、口周りや性器などに水疱が発生するのがヘルペス症になります。家族内で発生した場合は、伝染が拡大しないように対策をとる必要があります。ただしウイルスが体内に侵入してくるリスクは、屋外の施設利用などの折にも直面するリスクです。生活領域のあらゆる場面で、ヘルペスに感染する可能性は存在しています。そこえヘルペスの感染する経路で注意を払うべきシチュエーションについて検討してみましょう。
まずインフルエンザウイルスなどでは注意するべきなのが、くしゃみや咳などを通じた飛沫感染のリスクが存在しています。この点単純ヘルペスウイルスは、飛沫感染することはないと考えられています。なぜならウイルスの生息場所が呼吸器以外の、口唇粘膜や性器などのためです。

つぎに検討するべきなのが、接触感染。幹部に直接的にあるいは、間接的に接触をもつ場合の危険性です。患部の水疱のなかには透明な内容液が存在しています。薄い被膜は容易に破綻するので、内容液が解放されることで、直接患部に触れた場合はうつるリスクは非常に高いと言えます。水疱の内部にはウイルスが大量に分布しているので、接触することを通じて伝播していきます。性的接触はもちろんのこと、みだりに患部に手をふれるのはうつるリスクは高いので絶対に回避するべきです。水疱が潰れたあとの潰瘍は同様の理由で、すでに体液が放出している場合でも、触るのは控えましょう。
次に危険なのはタオルや食器の共用の危険はどうでしょうか。タオルや食器の共用は患部の潰瘍などに直接接触をもつほどの節足の濃度は高くはありません。

まず食器の共用ですが、口唇ヘルペスの場合はほぼ必然的に、食器に患部がふれることになります。食器を共用すると、単純ヘルペスウイルスがアクティブなまま他人の身体の体内に移行するリスクは無視できないレベルといわざるを得ません。少なくとも症状が活性な状態の期間は、食器の供与は控えるべきでしょう。
タオルの場合は風呂上りのバスタオルは、口唇部位や性器周辺などの患部も、必然的に吹くことになるので、直接接触に準じるほどの危険性が存在するといえます。そのためバスタオルの共用は絶対に避ける必要があります。また洗面所のタオルの共用はどうか。洗面時に使用するとやはり患部に触れるので、接触感染のリスクは高いので、同じく避けるのが賢明です。

自宅から場面を買えて、公衆浴場やジムなどの脱衣室や浴場などの危険性は、どのように考えるべきかでしょうか。更衣室の脱衣かごやバスマットなどがリスク要因として想定されるところです。この点は患部に接触する危険性は、自宅のタオルなどに比較すると低いといえるかもしれません。患者が症状を抱えていても、軽度だとヘルペスの自覚がないまま、不特定多数の人間が利用する施設を利用する可能性は存在しています。接触感染の危険性がひくいとはいえ、一応注意を払うべきでしょう。