最新の投稿
白いカプセルと葉

肉体疲労時や風邪にかかって発熱するなどの、体力が落ちて免疫力が低下したときに、口唇の周りに水膨れが複数発生することがあります。水いぼのような外見ですが、明確に違うのはぴりぴりした痛みやかゆみなどの自覚症状があることです。体力を消耗したり免疫力が低下した際に、発生するこのような水疱が見られる病気のことを口唇ヘルペスと言います。

口唇ヘルペスは単純ヘルペスウイルスに感染し、増殖することで水膨れやかゆみや電気がはしるようなピリピリした痛みなどの自覚症状が発生するのが特徴です。皮膚に水疱やデキモノが発生する原因には色々な細菌やカビなどが想定されますが、ウイルスの一種が感染繁殖することが病気の原因です。ウイルスの特性として宿主の細胞に寄生して、たんぱく質などの栄養素の供給を受けながら成長と増殖を繰り返すというメカニズムがあります。ウイルスは繁殖する過程で、宿主にDNAを複製して転写することが必要です。これに対してブドウ球菌や大腸菌をはじめとした細菌類は、自らたんぱく質などを生成し、細胞壁などを成長させながら独立して繁殖をする機序が備わっています。このようあメカニズムの違いは治療薬の違いにも反映されていて、細菌類では各種の抗生物質が有効です。

ところがウイルスは宿主の細胞にもぐりこんでしまうので、独立して生命活動が可能な細菌とは違って抗生物質を投与しても効果を期待できません。そこで抗生物質とは異なる作用機序をもつ抗ウイルス薬の投与が治療薬の中心になります。抗ウィルス剤はそrぞれの種類に応じやDNAの違いに対応して製造されているので、ウイルスの種類ごとに治療薬を選択する必要があるのです。しかしながら抗ウィルス剤をはじめて購入するには、医師の診断が前提になります。なぜなら口唇周辺に出来る水膨れには細菌が原因となっている場合があり、治療薬の選択を誤るとむしろ逆効果で症状を悪化させたり病変部位の拡大につながるリスクも抱えているわけです。そのため医師により口唇ヘルペスであるとの確定診断をうけることで、原因菌を特定することで初めて有効な抗ウィルス剤の選定が可能になります。病院やクリニックなどの医療機関で処方される治療薬は、医師の診断を下に処方される内服薬のバルトレックスやゾビラックスが中心です。これらの治療薬の服用で短期間に口唇ヘルペスの症状は消失します。
ところが口唇ヘルペスは再発する傾向があり、その都度医師の診断を受けるのは煩わしい側面があるのは事実です。しかし再発した口唇ヘルペスに限っては市販薬でも治療できるわけです。市販薬にはヘルペシアクリーム・アクチビア軟膏・アラセナSなどが薬局で販売されています。

アラセナSは有効成分にビタラビン、ヘルペシアクリームとアクチビア軟膏には有効成分アシクロビルを含んでいます。これらの市販薬で治療できる、といっても誰でも無条件で購入できるわけではありません。使用する際に注意点には2つあり、適応症状は再発した口唇ヘルペスであることと、薬局などの薬剤師の使用法についての説明をうけることです。この二つの注意点をクリアすることで、初めいて市販薬を使用して口唇ヘルペスを治療できることになるのです。

わざわざ医師の診断を受けるくらいなら、初めから薬局の店頭で購入することができれば便利なのは確かです。しかし原因菌を間違って抗ウィルス剤を使用すると、逆効果で余計に治療のための時間も必要で、身体的負担も大きくなってしまう可能性が否定できません。初めて口唇周辺にちくちくした水膨れを発見したときは医師の診察をうけること。再発したときは市販薬で迅速に治療するのをオススメします。